WHO ARE SOLAX POWER

自家発電エネルギーが新しい未来をつくる

2010年から、SolaX Powerは年々成長し、イギリス、オランダ、ドイツ、オーストラリア、アメリカに事務所を設立し、世界的に認められた国際企業に成長いたしました。この成長には、世界中の再生可能エネルギー製品に対する需要の増加が反映されている証です。

浙江大学国家大学科学技術サイト内に本社を設置し、浙江大学の優秀な人材、科学技術、実験施設や学術的な産学共同の下、太陽光発電設備の技術開発に取り組んでおります。中国国内に 4カ所の研究センターを開設しております。

SolaX Powerは、グリッドインバータ、ハイブリットインバータ、蓄電池、蓄電池システムの研究開発、生産、販売、アフターサービスを提供しており、中国における蓄電池システムの開発及び販売実績では、最も歴史のある一社です。

蓄電システム事例紹介

実例

2019年6月弊社は、イギリスコーンウォールヘロンクリークにあるエコハウスを訪問しました。SolaX 「X1 Hybrid」 のハイブリット型インバータ & 「Triple Power」の蓄電池を備えた住宅です。

このシステムは「X1 Hybrid」5.0のインバータ&12.6kWhの蓄電容量で構成されています。この蓄電システム設置後、ジュリアと家族が本当にエネルギー独立になり、グリッドからの消費電力を 1/2 に削減が可能となりました。

このビデオでは、蓄電システムが経済的な節約をもたらしただけでなく、グリーンライフスタイルで重要な役割も果たしていることを証明しております。

中国/青島 特鋼 プロジェクト

持続可能エネルギー
プロジェクト

太陽光発電によるグリーン電力の使用は、運用コストの削減による直接的な経済的メリットに加えて、グリーン企業としての優良イメージの確立にも役立ちます。 グリーン電力の使用は、省エネとCO2排出量削減の目標を達成し、エネルギー変革を促進し、地域の生態環境を改善する上で、重要な役割を果たしています。

Our Journey

SolaX Powerの会社沿革

Preloader
R&D Commitment

研究開発

高度な製品品質を保証するために、200名以上の専門技術者が日々、開発に取り組んでおります。2013年には、太陽光エネルギー業界の一社として、SolaX Powerが独自開発したアジア初となるハイブリット式インバータ 「X-Hybrid」の開発に成功いたしました。現在、X-Hybridシリーズも、第4世代までアップグレードに至っております。

Find us all over the world

グローバル業務

SolaX製品は、世界トップクラスの設計、試験、製造を行っております。国際営業担当者による24時間オンラインサービスサポートにより、当社製品は200の流通チャネルを通じて世界120ヵ国に販売しております。

SOLAX POWER展望

Solax Powerはクリーンで、持続可能な再生可能エネルギーを活用した未来を展望します。インバータ技術を発展させることで、市場にて最も効率的なインバータを開発・生産し、お客様が太陽から更なるクリーンエネルギーを活用できる様に努めてまいります。

0+
グローバル従業員
0+
インバーター販売
0GW
生産能力
0
グローバル事務所
Keep Up To Date

Solax Power ニュース

日本市場での販売開始
単相3線式ハイブリッド型蓄電システム
『J1ESS-HB シリーズ 』

ハイブリッドパワコン搭載蓄電システムを中国で唯一製造し、世界120ヶ国へ蓄電システムの販売を行っているSolaX Power Network Technology (Zhejiang) Co., Ltd. (本社:中華人民共和国 浙江省 杭州市、会長:李新富、以下「SolaX」)は、長らく熱望しておりました日本市場へ進出し、商品の販売を開始致しました。 日本市場における住宅用FIT満了に伴う自家消費型太陽光発電システムへの移行とその普及が期待される市場環境に、SolaXが世界各国での長年の販売で培った蓄電システムの製造販売ノウハウが、最も融合する機会に恵まれ、満を持して、日本の環境に見合う 3モデルの開発・販売に至りました。 外形寸法・重量 モデル番号 サイズ/ 重量(増設蓄電池ユニット) 1.J1ESS-HB58...

グローバルスマートエネルギーWeek2020へようこそ!

スマートエネルギーWeek 2020に会いましょうか。弊社のブースW5-46へようこそ!最新のAI機能搭載の住宅用ハイブリット型蓄電システムをお楽しみに。

SolaXが四つの展示会へ参加

9月から10月まで弊社のチームは世界各地の展示会を参加しました。ここは展覧会のハイライトの瞬間であった。弊社ののブースへいらっしゃって、再びお礼申し上げます。
X